水晶 独鈷
型番 SD-S1/2
販売価格

9,800円(内税)

購入数
番号をお選びください。

オプションの価格詳細はコチラ


独鈷とは? 独鈷・三鈷・五鈷は修法に欠かせない密教の法具である、独鈷・三鈷・五鈷は、三〇〇年前に日本が世界に誇れる、弘法大師空海が、中国からもち帰ったことに端を発します。 この独鈷・三鈷・五鈷は密教の護摩たきなどの修法には、欠かすことのできない法典とされています。密教学のなかではインドの古代武器に由来し、密教の悟りを象徴しているといわれています。不動明王が右手に握っている剣は、三鈷の剣といわれ、また帝釈天は独鈷、中央の突起が長く伸びて剣の型になったものです。 降三世明王は三鈷をもって、恐ろしい顔をして構えています。その他の諸尊といわれる方々も手に何か武器に相当するような得物をもっており、このようなことから、独鈷・三鈷・五鈷が武器に由来するといわれているのでしょう。 空間のエネルギーを特殊な形状によって利用する武術が古代文明にあり、その名残りとして伝わっているという法具を手にもつたびに思えてきます。 独鈷は、先端が ビラミッド状の細長い四角錘になっています。三鈷は、三本の四角錘が集中、五鈷は 五本の四角錘が集中するようになっています。ピラミッドやヒランヤ、黄金分割などの形状は、現在の科学の範囲には入っていませんが、何らかのエネルギー的効果を対 象物に与えることが、多数の例からいえるようです。 独鈷・三鈷・五鈷は、ビラミッドを多重に組み合わせた構造によって、空間のエネルギ−「気」を集中したり放射するようにできているようです。
Amala

 サイズ  1(右):約72x34mm
 2(左):約75x33mm
 一点もの 写真掲載分をお届けいたします
 一個ずつの販売です。どちらか番号をお選びください。
 
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける